改修工事に伴う 休業のお知らせはこちら

建物、茶室、会場、展望|京都の懐石 老舗料亭 京大和

京大和TOP > 建物、茶室、個室|京都の懐石 老舗料亭 京大和

建物、茶室、個室|京都の懐石 老舗料亭 京大和

名前をクリックするとその場所の写真や説明がご覧いただけます。 京大和 見取り図

送陽亭 翠紅館広間 紅葉の間 胡廬庵 翠紅庵 富貴の間 葵 玄関 山門 透月の池 展望台 藤棚 桐

霊山(りょうざん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

京大和のすぐ後ろにある、こんもりとした山が東山三十六峰の二十七番目に当たる山です。 東山三十六峰の第一峰は比叡山で、第三十六峰が、伏見稲荷のある稲荷山です。 この山は、霊山(りょうぜん)と言って、昔インドでお釈迦様が法華経の説法をされた霊鷲山(りょうじゅせん)に形が似ているためつけられました。

見取り図へ戻る

山門|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

山門|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
凛としたたたずまいの山門は、風光明媚な庭園への入口。
緑溢れる四季の風情は、そこからも感じられます。
神社仏閣とお間違いになる方も多い、荘厳な雰囲気を醸し出します。
山門|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

送陽亭|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

明治維新直前の文久三年に、勤皇派の方々が秘密の会合をする場所として、建物内の二つの部屋を西本願寺のご門主が提供されました。
こちらの送陽亭が、その一つです。
送陽亭|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
開かれた障子の間には、「八坂の塔」がぴったりと納まるように設計されていて、京都の絵葉書にもなっています。

その名のとおり、日の沈む頃の風情は特に素晴らしく、映画の撮影などにも、度々使われました。現在は、保護建造物に指定されています。
送陽亭|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
集まった方々は、桂小五郎、武市半平太、久坂玄端、井上馨、真木泉守で、主に長州と土佐を中心とした藩の主だった方々です。
(参加者の写真を室内に飾っています)
送陽亭|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

 

中庭|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
美観地区に指定されているため、高さ制限のある東山において、「八坂の五重塔」と、京都市内を一望できるロケーションは、大変希少です。
京都の中でも、最も京都らしい風景といわれています。
中庭|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
そのため、五重塔を背景にする、この場所を映画などの撮影にご利用いただくことも多く、スピルバーグ監督の「SAYURI」でも、こちらからの風景が使われました。

ここからご覧いただける夜景のご紹介

 

見取り図へ戻る

藤棚|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

藤棚|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
西本願寺の家紋が「下がり藤」なので、歴代のご門主が敷地内の4箇所に、藤を植えられました。
特に、翠紅館広間から見える藤棚は、樹齢150年の古木です。
春先には、大変見事な花をつけるため、見頃となる五月の連休には、毎年「園遊会」を催して、みなさまにお楽しみいただいています。
藤棚|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

玄関|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

玄関|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
玄関|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
中庭から、日本庭園の中、緩い砂利の階段を昇ると料亭の玄関が現れます。
玄関|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
階段をお上がりいただかずご利用いただける桂の間というお部屋もござます。
玄関|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

翠紅館広間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

京大和を代表する部屋が、この翠紅館広間です。
明治維新前の文久三年に、西本願寺ご門主の庇護のもとで、秘密の会合の場所となり、この部屋で「翠紅館会議」がおこなわれました。その後、度々会合がもたれていたことが、文献にも記載されています。

集まった方々は、桂小五郎、武市半平太、久坂玄端、井上馨、真木和泉守など、主に長州と土佐を中心とした藩の主だった方々と、そのお供の方々です。

ここでの会議の結果、明治維新がなしとげられたということで、言ってみれば、明治維新の参謀本部のような役目を果たしていました。
ちなみに、この館の名前「翠紅館」の扁額は、三条実美公によるものです。
翠紅館広間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
さらに、部屋の左側の松の木は庭内で最も大切な樹木で、こちらも樹齢160年以上の古木で、「臥龍松」(がりょうまつ)と名前がつけられています。

ちょうど龍が伏せた形になっており、右側に頭と両手、左側に尾と足があります。幹からは、英語のTの字型に枝が出ています。
幹にはおめでたい亀甲模様が見られる大変珍しい松で、京大和の財産の一つとなっています。

また、こちらのお部屋の欄間(らんま)は、黒檀でできた大変珍しいものです。(西本願寺様式だそうです)
重厚な雰囲気を醸し出すために黒檀が使われたのかもしれません。
翠紅館広間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
翠紅館広間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
この部屋は、もとは西本願寺ご門主の居間として使われており、京都の町を一望にできる素晴らしい眺めのお部屋です。

通常は、部屋の四隅には柱があるのが普通ですが、こちらのお部屋は、床の間の前のお正客のお席から、五重の塔が遮るものなくきれいに見られるようにという配慮から、部屋の真中の鴨居の右隅の柱はございません。

五重の塔を見るのにちょうどよい角度に窓が開かれており、真西に向いておりますので、夕日の時は特に素晴らしい景色となります。
翠紅館広間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
入口付近にある漆の板戸は、黒の漆の一枚板に螺鈿(らでん)で、杜甫の詩が書かれております。老朽化している状況をご覧いただきますと、かなりの年月が経っていることがおわかりかと思います。

日本書芸院の先生に、以前出典を調べていただいたところ、この建物が約百年ほど前に、一度建て直される前の建物のころ、(つまり三百年以上前)から、こちらにあったようです。

 

見取り図へ戻る

紅葉の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

紅葉の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
紅葉の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

 

「翠紅館広間」と並んで、京大和を代表するお部屋です。

中庭に面した唯一のお部屋で、池の上に張り出して作られています。 中庭全体は、「紅葉谷」と言い、夜、池に紅葉の枝が映る景色は、深い谷を見ているように感じられます。

紅葉の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

 

 

池には、「透月の池」という名が付いており、二方向に大きく開かれた窓からは、目にも鮮やかな樹木の緑を贅沢に楽しんでいただけます。
床の間は檜の一枚板となっており、現在ではなかなか手に入らない品です。 床柱は、桜の木で、美しい木肌がご覧になれます。違い棚は、「醍醐寺三宝院」と同じもので、壁と違い棚の間に空間があるのが特徴です。床の間の天井は「真、行、草」の形に複雑に入り組んでいます。
こちらのお部屋の扁額は、東山黙雷(ひがしやまもくらい)の書となっております。
「徳潤身」(とくは、みをうるおす)と書いてあり、他人に善行を行えば、それは回りまわって自分の身にも返ってくるという意味だそうです。

この額を書いた東山黙雷は、西本願寺の執行をなさっていた徳の高いお坊様とのことです。

 

見取り図へ戻る

胡廬庵(ころあん)・翠紅庵(すいこうあん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

胡廬庵は、古来より縁起の良いものとされている、“ひさご”(瓢箪)をモチーフにした茶室で、ひさご窓や、椅子席の背の形、床の間の天井、電燈の笠など、あらゆるところにそのデザインが用いられています。

三つ揃えば「三拍(瓢)子」揃って縁起が良い。
六つ揃えば「無病(六瓢)息災」。
さらに蔓が伸びて果実が鈴なりになる様から、開運招福・子孫繁栄の象徴ともされている瓢箪は、婚礼などのおめでたい席にもぴったりの意匠です。

そのため、京大和の婚礼で最近大変人気のある、オリジナルの挙式スタイル「茶婚式」の舞台としても頻繁に利用されています。
胡廬庵(ころあん)・翠紅庵(すいこうあん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
胡廬庵(ころあん)・翠紅庵(すいこうあん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
胡廬庵(ころあん)・翠紅庵(すいこうあん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
また、歴史ある正統派茶室でありながら、昔から海外からの国賓や皇室の方々のおもてなしなどにもご利用いただくことが多かったため、非常にユニークな特徴を持っています。

正座の苦手な外国の方も楽しんでいただけるよう、胡廬庵では、畳の上でお手前をしている亭主と同じ目線で参加できる椅子席があるので、年配の方にも無理なくご列席いただけます。
胡廬庵(ころあん)・翠紅庵(すいこうあん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

翠紅庵は、藪の内流の家元のお茶席、「燕庵」(えんなん)と同じ形に作られた由緒あるお茶席です。
同流の重鎮であられる、福田竹有(ふくだちくゆう)先生のおじい様が設計に携わられたそうです。
外の刀掛、室内の「お相伴席」、腰掛待合の「貴人席」など、千家流のお茶席とは異なった、興味深いお席の仕様が取り入れられています。

胡廬庵(ころあん)・翠紅庵(すいこうあん)|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

桐の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

桐の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
正式には、「不白庵」(ふはくあん)という名前のお茶席で、四畳半に二畳の次の間がついており、奥の茶席への露地庭を正面にした、落ち着いた雰囲気のお部屋です。
「紅葉の間」と「葵の間」の間に位置し、1月には初釜によく利用されます。

お庭に面して明るいため、2〜3名様のお昼のお食事のお部屋としても、人気がございます。
桐の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

葵の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

葵の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
今から十五年ほど前に、客席の一つとして建造された比較的新しいお席です。
お茶席への露地、借景に東山と庭の風情が楽しめる人気のあるお席です。
葵の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
見取り図へ戻る

富貴の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

富貴の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
館の一番奥の二階にあり、二十名様までご利用いただけます。
二方向が、大きな窓に面しており、紅葉が間近に植えられているため、春と秋は特に見事です。
富貴の間|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

 

見取り図へ戻る

透月の池|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和

透月の池|建物、茶室、個室|京都 料亭 京大和
この池のある中庭全体は、「紅葉谷」と言います。
池は、「透月の池」という名が付いており、慶長年間、東光寺時代に作られたものと思われる、「翠紅館名所十三影」の中に、「透月の池、水面に映りし月影に赴きあり」との記載が残されています。

夜、池に紅葉の枝が映る景色は、本当に深い谷を見ているように感じらます。
写真のとおり、秋には、見事な紅葉が見られます。

この池の上に張り出して作られているのが、紅葉の間です。

 

見取り図へ戻る
このページの先頭へ戻る