ご挨拶

この度、『山荘 京大和』は、2017年1月より進めてまいりましたお茶室を含む7部屋の保護建造物の耐震・補修工事が無事に完了し、新たに開業する運びとなりました。
敷地内には、国内2つ目のパークハイアットブランドとなる「パークハイアット京都」をお迎え致します。

明治10年(1877年)の創業以来、一歩ずつ積み重ねて参りました歴史を、今後は世界のラグジュアリーホテルブランドである「パークハイアット」とコラボレーションすることにより、お客様に新たなおもてなしを提案してまいります。

京大和の歴史

京大和は、明治十年(1877年)に、阪口うしにより大阪で大和屋を開業の後、三代目当主、祐三郎により昭和二十四年(1949年)に料亭として当地に開業致しました。
建物の由緒は更に古く、中でも江戸末期には桂小五郎など各藩志士代表者の集まる「翠紅館会議」が催されました。現在では京都市の保護建造物に指定されています。

四季折々の、お料理と庭園で季節の移ろいをお楽しみいただけます。

京大和の思い

人は古くから、喜びにつけ悲しみにつけ、集い合って食事を共にすることによって、現世を生きることへの潤いを求めてまいりました。複雑多様化した現代において、この会食のもたらす効用は更に拡大し、一層大きな意味を持つに至ったと言われております。

京都の持つ特性を最大限に活かした舞台としての、和の粋を集めた建物や庭園。更には長い都の文化や芸術を表現する京料理や調度品。
感動と体験を提案できるコミュニケーションの場となる料亭として、新たな創造に貢献してまいります。

京大和について
京大和

〒605-0826
京都市東山区高台寺桝屋町359
Tel:075-525-1555
Fax:075-541-1127

京都東山高台寺の畔で

私は、京都市街がもっとも美しく見られる料亭はどこかと問われれば、躊躇なくそれは京大和であると答える。

京大和はちょうど京都市中央部の東山沿いの高台にあるので、そこから京都の市街が一望できる。間近に八坂の塔がそびえ、あたりには多くの民家の瓦屋根が美しく並ぶ。
遠くには愛宕山が見え、南に東西本願寺が見え、北には二条城や御所が望める。特に夕景がよい。群れをなした鳥が鳴きながら、一群二群と東山のねぐらに帰る。

その鳥の声に相応ずるかのように、西に没しようとする太陽がいっそう美しい光を発する。その一刻一刻の変化がすばらしい。
元京都市立芸術大学学長 梅原猛氏

京大和採用情報

京都東山の料亭「京大和」では2019年10月、新装開店に向けスタッフを募集しております。

お客様のお出迎え、お見送り、お料理やお酒の配膳とご説明、清掃、調理・調理補助など、一緒に働いていただける方の募集をお待ちしております。
同時に京都駅前の姉妹店スタッフも募集しております。

【職種】
1.調理師・調理師見習い
2.サービススタッフ
3.フロントスタッフ
4.食器洗浄スタッフ


【勤務地】
山荘 京大和 京都市東山区
京大和屋 京都市南区(都ホテル京都八条内)
京林泉 京都市下京区(ホテルグランヴィア京都内)


詳しくはこちらからお問い合わせください。

TOP